1対1の個別指導

医学部受験に精通した超一流プロ講師によるしっかり管理した1対1の個別指導!
競争させる個別授業で偏差値は10~40UP!

1対1の個別指導1対1の個別指導

医学部受験に精通した
超一流プロ講師による
全科目『1対1の個別授業』

『医進の会』では他の医学部受験予備校の6割程のリーズナブルな授業料で、医学部受験に精通した超一流プロ講師による1対1の個別授業を行います。
毎年医学部志望の生徒を10~15人担当して、医学部合格の指導実績が豊富なプロ講師が個別カリキュラム(授業進度により常時変更あり)を作成して授業を行い、自習時間に行う課題も渡し、次回の授業までに課題の添削も行います。

医進の会の
『1対1の個別授業』
は何が違うのか?

1コマ120分授業 付きっきりで『講義・演習・解説』

医進の会の『1対1の個別授業』は何が違うのか?

授業は1コマ2時間で、授業中講師は個別ブースを離れず、生徒の横に付きっきりで『講義・演習・解説』を行います。
わからないところは即座に質問が出来て、それぞれの生徒の学力状況に合わせて、ブース内で2時間の授業中、講師は付きっきりでしっかりと管理して濃密な授業を展開します。
『医進の会』では演習中も講師はブース内にいるので、生徒が問題を解いている様子まで詳しくチェックでき、生徒も気を抜けず集中して授業を受けれます。勉強・復習するべきところを講師から随時指示を出し、自分に甘い生徒に最適な医学部受験予備校になります。

個別カリキュラムが授業の進度により、いつでも変更可能であるのと同様に、授業コマ数も途中で変更する事も可能です。新たな科目を途中から始める事も出来ます。

他校との違い

  • 他の個別授業を行う
    医学部受験予備校

    最初に50分(講義)→次の50分(演習)→最後の50分(解説)の50分×3コマになりますが、欠点は2コマ目の演習時間に講師が横にいないので、生徒がさぼったりきっちり50分×3コマに授業を上手くおさめるのが難しかったりします。

  • 医進の会

    演習中も講師はブース内で徹底フォローします。
    生徒が問題を解いている様子まで詳しくチェックするので、生徒がさぼったり、時間配分を失敗することもありません。

競争させる個別授業で偏差値は10~40UP!

『医進の会』では模試の成績上位者のランキング表を随時教室に貼り出し、個別授業でも競争意識を高めていきます。
ある程度仕上がっている生徒には「苦手分野をつぶす」・「総復習」から「過去問演習」に移り、基礎力がまだまだな生徒、ゼロから始める再受験生には「各分野を1から説明」・「手取り足取り勉強・復習の仕方から指導」から「総復習」「過去問演習」に移り、それぞれの生徒に合わせたオーダーメイドの個別授業を行い、偏差値は10~40大幅にUPして、2人に1人が医学部に合格しています。

競争させる個別授業で偏差値は10~40UP!

学習の定着を意識した宿題・課題プリント・確認テスト

『医進の会』では、それぞれの生徒に合わせて毎回宿題が出され、授業がない自習時間に宿題を行います。授業内容の定着度を大きく上げます。
苦手分野を強化したり、定着度を上げたりするのに講師からどんどん課題プリントを渡していきます。また、生徒から講師に課題プリントをもらうように積極的に医学部受験に取り組んでください。
講師からの確認テストも定期的に行っています。授業を担当している講師だからこそ、それぞれの生徒に合わせたオーダーメイドの確認テストでさらに大きく定着度を上げていきます。

1対1個別授業 宿題 課題 確認テスト 模試1対1個別授業 宿題 課題 確認テスト 模試

ご家庭への密な連絡体制

遅刻や欠席をしたら、すぐにご家庭に連絡します

何時に入室して、何時に退出しているかわかるタイムカードの画像もご家庭からの要望があれば送付します。

ご家庭のご要望があれば「スマホ預かりシステム」も利用可能

自習中、寝ていたり、スマホばかり触っていたりしたら注意します。
ご家庭からの要望があれば、食事時間だけスマホを利用できて、それ以外の時間はアシスタントにスマホを預ける「スマホ預かりシステム」も利用可能です。また、こちらの予備校近くに一人暮らしして通学されている方も遅刻・欠席があれば、ご家庭にメールで連絡して、きっちり管理していきます。

毎月「学習指導レポート」をお送りします

各科目の毎回の授業内容は、各担当講師が授業日時・授業内容・理解度・定着度などを記入した「学習指導レポート」を翌月にご家庭に送り、こちらでの毎回の授業の状況がはっきりとわかるようにしています。

毎月「学習指導レポート」をお送りします